本文へスキップ

がん保険では主に診断、入院、手術、通院 時に給付金が保証されている

住宅・マンション・土地のご相談はビルダー不動産へ

がん保険って何?

日本国内において死因のトップ3に入る「がん」。このがんを対象とした保証をしてくれるのが「がん保険」です。この保険では、主に診断、入院、手術、通院 時に給付金が保証されています。

病院で医師から「がんです」と診断された時にもらえる診断給付金(一時給付金とも呼ばれます)、がん治療を行うにあたって入院した時にもらえる入院給付金、がん治療を行うにあたって所定の手術をする時にもらえる手術給付金、抗がん剤治療を行うにあたって通院する時にもらえる通院給付金、以上の4つが主な給付金保証です。

しかし、これ以外にも様々なケースを想定して多彩な給付金がもらえる場合もあります(※給付金の種類は、各保険会社の商品によって異なります)。

がん保険の最大の特徴でもある診断給付金。がんと診断された時に給付金をもらえるため、治療の選択肢が広がります。例えば、入院せずに行うがん治療、健康保険などでは対象とならない医療などの治療費に回すことができるからです。

また、がんは長期化や再発をしやすい病気でもあります。そのため、長期入院や繰り返し入院となった場合でも保障されるように入院日数に上限を設定していません。

以上のようにがん保険は、がんに特化し、(がんに関しては)医療保険よりも手厚い保障を行ってくれます。一昔前のがん保険よりも、より患者さんのことを考えられてあると言えます。

information新着情報

2016年12月01日
ホームページを更新しました。